スピリチュアリズムでおはようSUN

大霊一筋!の「ルリリリランランルリリララ♪」的なブログです。

失神状態で生きないよう心がける

いつも心に「大霊」を意識しようと思っていますが
実際には日常の雑事に追われてつい忘れてしまいます。

 

「あっ。今、大霊を思っていなかったな。」

というのがよくあります。

 

「いかんいかん。今は失神していたな。」と。

 

ある意味では仕方のないことだとは思いますが、
なるべくそういう時間を短くするようにしようと思っています。


ちなみに「失神」とは気を失うことです。
「神を失う」と書いて「失神」という言葉になりますが、面白い表現だと思います。

 

神とは「大霊」のことと解すると「大霊」を失うとは、
大生命の「意識」それ自体の存在である「オリジナルな大霊の意識」を失う(意識不明になる)ということになるのかも知れません。

 

神とは意識のことであり、我々が日常使っている「意識」は言わば大霊の所有物でありそもそも「大霊」が管理していて、その主体は「大霊」にある、、、と思います。

 

ですので言ったことや行動したことだけでなく
「思ったことや考えたこと」まで一部の隙もなくその「本家」である「大霊」によって完全に記録され管理されているのだと思います。

 

ほんのわずかでも、ほんの一瞬でも「大霊」から離れて生きることは出来ません。

 

そう思うと自分の低い自我意識を少しでもコントロールして良い状態にしなければと思います。

 

なにせ何から何まで大霊によって「REC」がかかっているわけですから。

 

自分の意識や行動が全部動画で録画されているようなものです。

 

「嫌だな」「面倒だな」とかの
自分の低い自我意識が出てきたら
「いかんいかん。そんなこと思ったらいけない。」とすぐに打ち消します。

 

でもこの打ち消しの作業が面倒くさくなりましてね。

 

より低い自我意識をそれよりはましなやや高い自我意識で打ち消そうとしているだけでは根本解決にはならないのではないかと感じまして。


低い自我意識が出てきて失敗するのは
大霊を見失っている言わば「失神状態」だからだと思います。


それよりは先手をうって
ずっと大霊を意識する「大霊意識」でいられたら
そもそも低い意識は出てこないと思うんですんです。


もちろんそれがなかなか難しいわけですが
ともかく努力は続けていこうと思います。