スピリチュアリズムでおはようSUN

大霊一筋!の「ルリリリランランルリリララ♪」的なブログです。

大霊に属するものとは

「大霊に属するもの」という言い方があります。

 

「大霊」に属さないものなんてそもそも存在しませんが、
要は「大霊」に「近い・直接的」な属性のことを表現したものだと思います。

 

「大霊に属するもの」とは「大霊に直属するもの」と言い換えることが出来ます。

あるいは「大霊の別名」のようなものとして捉えることが出来ます。


「大霊に属するもの」と言われてすぐにイメージするのは「愛」です。

 

あるいは「摂理」「法則」であるとか。

 

また「真理」「善」「美」「生命」「永遠」「無限」「叡智」「完全」「意識」「霊力」なども「大霊に属するもの」と言っていいと思います。

 

別の言い方をすると
「媒体」を通じて現れるものが「大霊に属するもの」だと思います。

 

あるいは「媒体」を通して現れるその内容が「大霊に属するもの」です。

 

特徴としては永遠に滅ばないもの。というイメージです。


一方で「大霊に属さないもの」を考えますと。

 

「大霊」に属さない(直属しない)ものとは大霊を顕現する為の
「媒体」的なものとして定義する事が出来ます。

 

「媒体」は「大霊」を顕現させる為の通路であり、
「媒体」がないと「大霊」が自身を表せないので
「媒体」の存在もまた重要です。

 

例としては「肉体」「物体」「姿形」「物質」などです。

 

「媒体」の特徴としては「地」に属していて、時間とともに滅びゆくもの、永続しない消え去るもの。というイメージです。


消え去るものか、永続するものか。


この両者の区別が常時出来るように自身を鍛えようと思います。

 

目の前にある現実にどちらを見いだし、
どちらを優先するかで地上人生へ影響も大きいものがあるように思います。