スピリチュアリズムでおはようSUN

大霊一筋!の「ルリリリランランルリリララ♪」的なブログです。

奉仕は自分の仕事から

スピリチュアリズムではよく奉仕の実践が言われます。

 

奉仕とは何かと考えますと。

 

奉仕(サービス)はまずは自分の仕事から。と思います。

 

仕事というのは職業としての仕事です。

 

仕事をするのはお金を稼ぐ為と思っている人が普通だと思いますが、
仕事とはまず奉仕でやるべきものと思います。

 

お金は関係ありません。

 

霊的な考え方としては、
原則として「完全無報酬で全部奉仕(のつもり)」でやるべきものが仕事だと思います。


仕事をして働いたら報酬がもらえるというのは
取引であり損得勘定をしている証拠です。


いくらお金がもらえるから働くとか
いくらお金がもらえないなら働かないとか

 

「そんなの関係ねー!」(古う)でございます。

 

お金がもらえなくてもいいじゃないですか。

 

やればいいんです。働けばいいんです。

 

「働くこと」と「お金をもらうこと」とは実はつながっていないのです。

またつなげて理解するべきではないと思います。

 

「サービスすること」と「報酬を得ること」は無関係です。

 

常に「サービスあるのみ」でいきましょう。

 

与えて与えて与え尽くす。。。

サービス!サービス!サービス!ですわ。

 

するとどうなるか。

 

いうまでもなく「摂理」の通りになります。


仕事とは世の幸せのため、人の幸せのため、
社会の幸せのためやるべきものです。

 

即ちそもそも仕事とは利他愛でやるものであって
ひいては「大霊」のためにやるべきものです。


「お金を得て生活するために仕事をする」
なんて唯物的に考えるから苦しくなるんだと思います。


それよりも「お金なんてどうでもいいから仕事をする」の方が
精神的にもより健康的であると思います。

 

奉仕あるのみ!利他愛あるのみ!ですわ。

 

仕事をして働けば結果的に月末になれば銀行通帳にお金が振り込まれるわけですが、

 

「ありゃりゃ??なんでか知らんけど振り込まれているようだ???」

と本気でとぼけていればいいと思います。


「まあよう解からんけども、大霊がこれでもっと奉仕せよと振り込んでくれはったんやろう。えらいもんやなあ。ルリリリランランルリリララ♪」

 

とでも思っていればいいんじゃないでしょうか。