スピリチュアリズムでおはようSUN

大霊一筋!の「ルリリリランランルリリララ♪」的なブログです。

孤独感とは

孤独感を感じるとはどういうことなのかと考えますと。


あなたは一人ではない。たくさんの霊達に囲まれているんだよ。という慰め方があります。

 

それは確かにその通りだと思います。

 

とは言え例えばたくさんの友人知人、恋人や家族に囲まれていても
「孤独感」を感じる人もいると思います。


では何故孤独感を感じるのかを考えますと。

孤独感というのは意識の深いところで「大霊」を感じているんだと思うんです。

 

「大霊」を感じていることは感じているんだけど
言わば「大霊をねじれて感じている」感覚が

孤独感となっているのではないかと思うわけです。

 

何故「ねじれる」のかというと霊的に無明の状態だからだと思われます。

 

肉体の自分、物質の自分を「私・我」だと思っている(感覚している)からだと思われます。


「大霊」という絶対的な存在が、ねじれて感覚された結果
何か巨大な暗黒や暗闇のように感じられてしまっているのではないかと。


言うまでもなく本当の自分は「大霊」です。

「大霊」のみが唯一の絶対的な実在です。


でも肉体の自分を「私・我」だと思っている場合は
本来は「大霊」という大生命が大きくねじれて
「孤独感」という暗闇的なものとなって

(暗闇的なものに変換されて)感覚されているのではないか…。。。と思います。