読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアリズムでおはようSUN

シルバーバーチの志を学んでいます

ひと手間を かけて霊性 整える♪

シルバーバーチの霊訓(1)潮文社

善のための努力が無駄に終わることはありません。

人のための試みも無駄に終わることはありません。

善行に嫌気が差してはいけません。

成果が表れないことに失望してはいけません。

人のために役立とうとする願いは、自動的に霊の世界からの援助を呼び寄せます。

決して一人であがいているのではありません。

どんな状況のもとでも、まわりには光り輝く大勢の霊が援助の態勢で取り囲んでいます。

裏切ることのない、その霊の力に絶対的な信頼を置き、頼りにしなさい。

----------------------------------------------

 

 

僕はダムや河川に関して管理する仕事をしています。
仕事上、週に3~4回は川のすぐそばまで行きます。

川の水に直接触れる機会もよくあります。

 

そんな時、仕事とは別に川に落ちているゴミを一つか二つ
ほんのわずかですが拾って持ち帰る
プチ清掃活動をしています。

ルリリリランランルリリララ♪

 

片手で持ち帰るほどの本当にわずかなゴミ拾いです。

 

申し訳のないことですが
たくさんゴミ拾いすることはありません。

それは負担になってしまうので
片手間に出来る範囲にとどめています。

 

ですがたった一つでもゴミをそこから無くすことによって
それだけ河川はキレイになるわけで。。。

 

それだけ「川」や「水」が喜んでくれるだろう
という思いでやっています。

 

ほんのわずかなゴミ拾いでは
河川は物理的にはまったくキレイにならない
と思います。

 

ほぼ自己満足の世界です。

 

ゴミは途方もなく膨大にありますから。


しかし、ほんのわずかでもゴミを川から掃除すれば
それだけ「川」が喜んでくれると思います。
「水」が喜んでくれると思います。

それだけ「川」がニッコリ笑う。と思うのです。

 

 

僕は水に関する仕事をしているので
水に対する感謝は常日頃から特に意識しています。

 

「川よ。ありがとう。」
「水よ。ありがとう。」
「雨よ。ありがとう。」
ルリリリランランルリリララ♪

 


水に対する感謝を、
プチ清掃で表現するという意味もあります。

 

また水に感謝することで自分の仕事に対する姿勢を正す
という意味もあります。

 

そこにわずかですが、霊的な進歩があると思います。

 

こんな句を作りました。

 

ひと手間を かけて霊性 整える♪

 

まさに

ルリリリランランルリリララ♪

だと思います。