スピリチュアリズムでおはようSUN

大霊一筋!の「ルリリリランランルリリララ♪」的なブログです。

霊的なことを考える

53

「地上の悲劇」「人類の悲劇」などと言うけれど それらはまさに文字通り「劇」として存在しているにすぎない。「劇」はあくまでも「劇」であって実在ではない。「大霊」こそが唯一の実在であって、「劇」という言い方は「本当は実在していない」ことを表現し…

52

肉体の死の直後に大切とされているのが「自分は死んだんだ」という死の自覚である。しかし「死の自覚」は何も肉体の死まで待つ必要はない。肉体がある今も(言わば)「自身の肉体は死んでいるんだ」という死の自覚と共に生きる事が出来る。そもそも本当に生き…

51

「霊」のイメージについて。「霊」というと一般的には「幽霊(幽体)」をイメージするかも知れないが、あれは「霊」と言うよりもその未熟な付属品のようなもの。「霊」というと地上で一番近いものをあげるとすると「太陽」だ。「亡くなった人は星になって見守…

50

大きな事件や事故が起こったとき、被害者側は言う。「真実が知りたい」「真相が知りたい」と。しかし注意しなければならない。肉の意識では知らないかも知れないが、 本当のその人、つまりその人の「大霊」は既に「真実・真相」を知っている。肉の意識では思…

49

何事も人のせいにしない。人のせいにするくらいなら「大霊」のせいにすれば良い。全ての現象の第一原因は常に「大霊」であるから。「○○が悪いんだ」「○○のせいだ」と人に責任を求めがちだが、○○とは何かというと、常に「大霊」である。「人」を「人」として…

48

霊的には「敵」は存在しない。「敵が存在する」、などと思っていてはいけない。霊の世界は想念の世界だ。「敵がいる」、と思っていれば本当に「敵がいる」世界に生きなければならない。そのようにして「敵がいる」世界を作り出したのは誰かというと。自分自…

47

地上にはたくさんの人がいて 皆、自分の名前があると思っている。個人の名前はそれぞれに違うかも知れない。しかし霊的には自他はなく名前があるわけではない。 全ては「大霊」であり、「大霊」に名前がないのと同じで、「自分」に名前があると思っている「…

46

「摂理違反」とは何か。違反というためには何かの基準(視点)があって、それに対して違反していることになる。 仮にその基準を「基準A」とすると、「基準A」から見て違反しているものを「摂理違反」と呼んでいるわけである。しかし「基準A」から見て違反して…

45

全ての人は「大霊」とつながっている。 「大霊」との絆は切っても切れない。しかしどれ程の人がその事を意識しているだろうか。 「大霊」とつながってはいるがそれを意識していない状態を、「大霊」と裏でつながっている状態と表現してみると。「裏」だけで…

44

「私・我・自分・I」といった「自らの意識」を表現する言語は、本来「大霊」の所有であり「大霊」の「自らの意識」を意味する言葉だ。「一人称」「二人称」「三人称」と言うけれど「一人称」の「一人」も「二人称」の「二人」も「三人称」の「三人」も全て「…

43

このようにイメージしてみてはどうか。 光輝く自分をイメージする。 「霊」とは「光」であり、より純粋な自分とは「霊」である自分、つまり光輝く自分である。 光輝く自分でありたいと願うのは霊として当然の願いというもの。 光輝く自分である為には、まず…

42

「話中有話」という中国成語がある。「話の中に話がある」という意味だ。直接的に言うことを避けて、遠回しに諭したりする時など、表面的な話の内容とは別に、暗に示す「話中有話」で何かを語ったりすることがある。霊界が地上人に語る語り方も「話中有話」…

41

ほとんどの人は目の前の当たり前の世界を 当たり前のものとして見ている。深く考えることすらしない。しかし本当は我々の目の前の当たり前の世界こそが 「大霊」の霊現象によるものである。これが本当の霊現象だ。目の前の当たり前の世界こそが最大の不思議…

40

摂理(法則)を歯車に例えてみると。「与えれば与えられる」などの霊的・利他的な摂理を歯車A、 「奪えば奪われる」などの物的・利己的な摂理を歯車Bとする。 「大霊」は歯車Aの回転に乗って顕現することもあれば 歯車Bの回転に乗って顕現することもある。ど…

39

肉体を持ってこの地上にいる地上人は皆、地縛状態である。 地上人自身が地縛霊だ。 「地」に縛られるというのは何と苦しいことか。。。 しかし一体誰が「地」に縛りつけたのか。 「地」に縛り付けた張本人は「大霊」である。 つまり「地」に縛りつけた張本人…

38

どのような仕事(職業)をするべきか?と問う人があった。 仕事(職業)は自分を媒体として「大霊」の愛を世に与えるために行うもの。 世のため人のため自分をより良く役立たせることをまず第一に考えることだ。 瞑想を繰り返し、自分自身の内部にいる「大霊…

37

霊的な学びを進めて行く上では 自分自身が「審神者」であり「霊媒」である。「審神者」の力がしっかりしていれば、 どのような霊的情報からでも多くを学ぶことが出来る。例え聖典とされる書物であっても決して鵜呑みにしない。どのような情報源にもしっかり…

36

「大霊」は何もかもを与えてくれている。「大霊」ご自身をも与えてくれている。つまり「自分」とは「大霊」である。「大霊」は「自由意志」も与えてくれている。「自分」のことを「人」と思うか、「大霊」と思うかは自由である。何でわざわざ自分のことを「…

35

自分の外部に「大霊」を求めてはいけない。「大霊」とのつながりは切っても切れない。「大霊」がいて「自分」がいる。というように「大霊」と「自分」を分離して理解するのは感心しない。その時々の論点によって、説明や表現の便宜上そのように表現しても問…

34

一般的に言うところの霊現象は「霊」や「霊的世界」の実在を実際の現象を通じてその人に示す一つの媒体であり、 言わば「サンプル」としての役割があるのではないか。どの様な霊現象も単なる「サンプル霊現象」として捉えることも出来る。重要なのは「霊」や…

33

自分のことを「大霊」と思うというのは何と贅沢なことか。 世にこれ以上の贅沢があるだろうか。 自分のことを「大霊」と思うということは森羅万象の全てを所有しているということ。 無限大の一切合切の何もかもを、である。 どんなにお金持ちでも本当は何一…

32

「闇」は「光」の仮の姿であり 対立するものではなく 「闇」の本当の姿は「光」だ。あるいは「闇」は「光」の一種であって 本当は「闇」はない。「闇がある」という判断は「早合点」と言うべきものだ。「早合点」とはなかなか便利な言葉。地上的な判断は何も…

31

「悪」は存在しない。 「善」があり「悪」があるのは人間の世界だけだ。 人間の世界とは自分のことを「人間」だと思っている者の世界。 「大霊(神)」の世界には「善」しか存在しない。 「善」あるのみの世界。 「悪」があるという前提に立ってはいけない。…

30

霊的なものがその存在を顕す時、(物的・一般的に見ると)たまたまとか偶然とか、 あるいは錯覚で起こったかのようにも受け取ることが出来るようにして顕れる。 「閉じられた世界」での出来事として 言わば「隠れながら顕れる」のである。 「閉じられている…

29

哲学的な問い。 「なぜ人を殺してはいけないのか?」というのがある。 これの解答は 「人は殺すことが出来ないから。」 というものではないか。 「なぜ人を殺すことはいけないのか?」と問う者はその時点で「人は殺すことが出来る」という前提に立っている。…

28

霊の世界には自他がなく、他人がいない。 他人がいないということは、他人のカルマはなく 全てのカルマは自分のカルマである。 また他人がいないということは 自分の過去生とは全人類全てが対象になる。 あなたは私であり、私はあなたである。 そもそもカル…

27

自分のことを「人」だと思っている状態は それこそ「人為」によるものであり、文字通り「偽」の状態だ。 自分(意識)のことを「最初から大霊」だと思うのが本当だ。 「大霊」は最初から「大霊」である。 つまり「大霊=大霊」なのだから、単純に最初から「…

26

「人」とは何か? 自分のことを「人」だと思っているのが「人」である。 しかし例えば人体のどこを探しても 「人」だと確定すべき証拠はない。 例え人体を顕微鏡で調べ、DNAの全てを確認したとしても どこにも「This is 人」とは書いていない。 霊的な世界は…

25

地上(物質世界)には地上の役割がある。 地上でしか出来ない「学び」がある。 地上には様々な霊性の人がいる。 またそれぞれに霊的背景も様々だ。 その中で揉まれながら多くを経験し、 多くを学びながら霊的成長することが出来る。 地上で出会う人々は皆、…

24

霊的には常にベストのことしか起こらない。 何が起ころうとも霊的には 完全完璧なことが起こったと受け止める。 「不幸が起こった」「不運が起こった」というのは 全体から見ない人為的な「判断」である。 人為的というのは文字に表されているとおり 「偽」…